出羽三山コース(羽黒山参拝)

main-page5

山形県の村山・庄内地方に広がる月山(1984m)・羽黒山(414m)・湯殿山(1504m)。これらを総称して「出羽三山」と呼んでいます。三山と言ってもそれぞれ独立しているわけではなく、月山からの峯続きで羽黒山(北側)・湯殿山(西側)があります。過去、湯殿山は三山には入っておらず、「出羽三山総奥院」とも呼ばれていたこともあります。当時は月山・羽黒山と鳥海山または葉山の3つを総称して「出羽三山」としていました。

三山のそれぞれの山は、山岳信仰の対象で山伏の修験道場でもあり、羽黒山が現世(正観世音菩薩=観音浄土=現在)、月山が前世(阿弥陀如来=阿弥陀浄土=来世)、湯殿山が来世(大日如来=寂光浄土=未来)という三世の浄土を表すとされます。

近世の出羽三山詣では、羽黒山から入り、月山で死とよみがえりの修行を行い、湯殿山で再生する巡礼が多く行われ、生まれ変わり(死と再生)の意味をもった「三関三渡(さんかんさんど)」の旅とされました。
月山、湯殿山は冬期間雪深く、通年の参拝が難しいため、羽黒山山頂に三山の神々が合祀されていますので、羽黒山有料道路を利用して、お車で近くまでいき参拝することができます。

催行期間・料金

運行期間 通 年
観光時間 約7時間(目安)
料  金 小型(4人乗り)31,500円
ジャンボ(9人乗り)42,000円

【注】三山を回るのではなく、合祀されている「羽黒山三神合祭殿」を参拝

モデルプラン

※詳細はお問合せいただき、決定いたします。

銀山温泉
 ↓
芭蕉ライン最上川舟下り
 ↓
羽黒山参拝
 ↓
銀山温泉(またはJR大石田駅)

※月山、湯殿山への参拝もお考えの場合は、時期によって可・不可がありますので別途ご相談ください。

dewa03